キッチン/台所 配管/排水管

台所流し台の排水つまりでシンクに水が溜まって流れない原因と業者修理

投稿日:

「台所の水が急に流れなくなった」
そんな状態になってしまうと慌ててしまいますよね。

台所流しの排水がつまってしまうと、台所が使えなくなってしまい、不便を強いられてしまいます。

ですが、台所のつまりは自分で対処できることも少なくありません。
ここでは台所の水がつまる原因と対処法を具体的に解説します。

台所のつまりで考えられる原因

台所のつまりで考えられる原因として考えられるものは以下のものがあります。

・油汚れ
・食材のつまり
・プラスチックなどの固形物

これらの原因によって対処法が異なることも。
ではそれぞれのつまりの原因についてもう少し具体的に見ていきましょう。

・油汚れ
台所の排水管がつまってしまう原因として多いのが油汚れです。
油汚れは、毎日少しずつ溜まってしまいやすく、徐々に水の流れが悪くなります。

逆に油汚れの場合、揚げ物などの油を流すなどしない限りいきなり悪くなるということは考えにくいです。

そのため、「ちょっと水の流れが悪くなったな」と感じた段階でケアすれば問題ないケースがほとんどだと言えるでしょう。

・食材のつまり
台所の水のつまりは食材が原因のこともあります。
人参やジャガイモの皮、キャベツや白菜の芯などの固形物がつまってしまう場合や、麺類が流れてしまうなどが原因のこともあります。

また細かいものでもあまりにも大量に流してしまった場合もつまりを生み出してしまうことが。
ただし、このようなケースは排水溝にしっかりとネットをつけていれば問題ないケースがほとんどです。

このようなつまりを引き起こしたくないのであれば、台所用ネットや三角コーナーを使ってキッチンに余分なものを流さないようにしましょう。

・プラスチックなどの固形物
まれにあるのが、プラスチックやスプーンなどの固形物が流れてしまう場合です。
このようなものが排水溝の奥まで流れてしまう可能性はそれほど高くありませんが、万が一そのようなことが起きてしまうと対処が難しいケースも珍しくありません。

この場合は下手に対処すると固形物が奥に入り込んでしまい、場合によっては非常に大掛かりな工事になることもあります。

台所のつまりの対処法

台所のつまりを対処する方法は原因ごとに最適なものが異なりますが、例えば以下の方法があります。

・パイプクリーナーを使用する
・ラバーカップを使用する
・雑巾を使って対処する

ではそれぞれの方法を具体的に見ていきましょう。

・パイプクリーナーを使用する
台所のつまりの解消法として多いのがパイプクリーナーです。
パイプクリーナーは、塩素や水酸化ナトリウムを使い油汚れなどを落とすことができる薬剤のことです。

使い方は以下の手順で行います。

・排水トラップを取り外す
・パイプクリーナーを300〜500ml流し込む
・1時間程度放置した後、水をしばらく流してパイプクリーナーを洗い流す

以上で作業完了です。
特に油汚れが原因の場合に効果を発揮します。

ただし完全につまってしまった場合には効果が十分に発揮されないという点には注意しましょう。
その場合には違う方法で対処する必要があります。

・ラバーカップを使用する
ラバーカップを使用してつまりを取り除く方法もあります。
ラバーカップとは、トイレなどで使われるすっぽんのこと。

トイレ用のものですが、キッチンでも利用することができます。
和式用と洋式用の2種類がありますが、この場合には和式のものを選んでください。

流し台の排水が詰まっている時の使い方は以下の通りです。

・トラップを取り外す
・水をラバーカップが浸かるくらいまで貯める
・ラバーカップを隙間ができないようにぴったりとくっつける
・ラバーカップを押し下げ、一気に引き上げるのを繰り返す

以上で完了です。

またこのラバーカップ以上に強力なものとして真空式パイプクリーナーというものもあります。

またラバーカップの代用としてペットボトルを押し当てる方法もあります。
この場合、ラバーカップほどのパワーは出ませんが、簡単なつまりなら解消できるので、もし真空式パイプクリーナーもラバーカップもお持ちではない場合には試してみてください。

・雑巾を使って対処する
雑巾を使って対処する方法もあります。
ただしこの方法はプラスチックなどの固形物には使えないため、その場合には利用しないでください。

具体的には以下の流れで作業を行います。

・雑巾を準備し、排水溝のトラップなどを全て取り外す。
・できるだけ雑巾をぐっと押し込むようにする(ただし引っ張れるよう端っこを外にだす)
・60度程度のお湯をシンクの8割くらいまで貯める
・雑巾を一気に引き抜く
・シンクに溜まった水の水圧が排水管内に向けられるため、つまりが解消する

以上の手順で行います。

ただし、プラスチックなどの固形物のつまりの場合、つまりの原因になる物質が奥に行くことでより対処が難しくなります。

この場合、大掛かりな工事が必要になり修理費用がかさんでしまうことも考えられるため絶対にやめてください。

台所のつまりは個人でも対処できることが多い

今回は台所のつまりの原因と対処法について解説しました。
台所のつまりはご家庭でも対処できることが多く、パイプクリーナーやネットを使えばほとんどのつまりを予防できます。

もしこれらの方法を試してみてつまりが解消しない場合には、水道業者を呼ぶことがおすすめです。水道業者ご家庭では扱いが難しい薬剤や機材を持っており、流し台排水のどんな詰まりでも解消できると思います。

まずは自分で対処できないか試してみて、もし難しい場合は水道業者を呼ぶことを検討してみてください。
修理完了

ご相談・お申込み

電話番号:0120-922-311

メールフォームURL:https://tochigisuido.com/mailform

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料

【対応地域一覧】
栃木県

対応地域
宇都宮市/足利市/栃木市/佐野市/鹿沼市/日光市/小山市/真岡市/大田原市/矢板市/那須塩原市/さくら市/那須烏山市/下野市/上三川町/益子町/茂木町/市貝町/芳賀町/壬生町/野木町/塩谷町/高根沢町/那須町/那珂川町

-キッチン/台所, 配管/排水管

Copyright© 栃木県水道修理サービス , 2020 All Rights Reserved.