洗面/風呂/洗濯 配管/排水管

洗面台排水のつまりで洗面ボウルに水が溜まって流れないトラブルの修理

投稿日:

排水つまり
「洗面台で水が詰まったのをなんとかしたい」
そうお悩みではありませんか?

洗面台は排水口や排水トラップなどに髪の毛や小物等がつまり、排水が流れなくなることが珍しくありません。

何がどこに詰まっているのかによって対処法が異なるため、このぺージでは洗面所の排水つまりの原因と、原因それぞれの対処法について詳しくお伝えしています。

もしもの時は是非お役立てください。

洗面台のつまりで洗面ボウルに水が溜まってしまう原因

洗面台のつまりで洗面ボウルに水が溜まってしまう原因として考えられるのは以下のものがあります。

・髪の毛
・ぬめり
・プラスチックなどの固形物

ではそれぞれの特徴を解説します。

・髪の毛

洗面台の排水で詰まってしまいがちなのが、髪の毛です。
洗面台の近くでドライヤーを使う場合や、洗面台で髪を濡らすなどの行動をしている場合、排水に髪の毛が溜まってしまいがちになります。

一人暮らしなどの場合であれば、そう簡単に詰まることもありませんが、家族が多い場合髪の毛の量が増えてしまいやすく、詰まってしまうということは十分に考えられます。

ヘアキャッチャーである程度髪の毛を受け止めてくれますので、こまめに掃除することが大切です。

・ぬめり

石鹸カスなどが配管内に残り、ぬめりとなってしまうことがつまりの原因になることがあります。
ぬめりがあることで、他のゴミなどが滞留しやすくなり、それが塊になってしまうことで、徐々に排水管の内部で大きくなります。

それが水が流れなくなるほどまで大きくなることでつまりとなってしまうのです。
この場合、排水管が急に詰まるということは考えにくく、徐々に水の流れが悪くなる傾向があります。

そのため、徐々に水の流れが悪くなってきたなと感じた段階で対処することで、つまりに発展する前に予防処置をすることが可能です。

・プラスチックなどの固形物

プラスチックなどの固形物を流してしまった場合、つまりの原因になります。
排水管周りにはヘアキャッチャーもありますし、そこで拾えることも多いですが、なんらかの理由で奥まで入り込んでしまった場合、水の流れをせき止めてしまい、ぬめりや髪の毛のつまりを誘発しやすくなります。

この場合、その固形物を取り除かなければ問題は解決しません。

またこの場合、迂闊に水を流すのはNGです。
奥に入り込んでしまうことで、対処がより難しくなってしまいます。

洗面ボウルに水が溜まってしまう場合の対処方法

「洗面ボウルに水が溜まるほど詰まってしまった場合どう対処すればよいの?」
そう考える人も多いのではないでしょうか。

水道業者にお願いするのも選択肢ですが、その原因によっては自分で対応できる場合もあります。

ここでは洗面排水管のつまりに対してどう対処すればよいのか、その解決策を紹介します。
具体的には以下のものがあります。

・ヘアキャッチャーの掃除
・洗浄剤の使用
・ラバーカップでの対応
・ワイヤーブラシでの清掃

ではそれぞれの対応方法について具体的に見ていきましょう。

・ヘアキャッチャーの掃除

ヘアキャッチャーはボウルと排水部分のすぐそばで、髪の毛などを受け止めてくれる部材です。
この部材部分で髪の毛などが流れないように受け止めてくれるのですが、そこに髪の毛などが溜まるとつまりの原因になります。

まずは、ここを掃除してみましょう。
簡単なつまりであれば、それで解決します。

・洗浄剤の使用

洗浄剤を使って対処する方法もあります。
洗浄剤とは、排水管内に入れることで、髪の毛やぬめりを溶かすことができる材料のことです。

使い方も簡単で、ぬめりなどが原因の場合におすすめの対処法です。
具体的な使い方は以下の通りです。

・洗浄剤を流し30分放置する
・60度くらいのお湯を流しこむ

これで作業完了です。
改善していれば、水の流れが良くなったのを実感できるはずです。

これは重曹などでも代用できます。

ただし、完全に詰まってしまった場合には十分な効果が発揮されない場合も。
もし使用するのであれば、完全に詰まる前に使ってください。

・ラバーカップでの対応

ラバーカップで水漏れが改善する場合があります。
ラバーカップとはトイレなどで使われるあのすっぽんのこと。

トイレでしか使われないと思われがちですが、洗面台でも利用可能です。
具体的な使用手順は以下の通りです。

・洗面台に水を溜める
・ラバーカップを空気の通り道を塞ぐようにぎゅっと押し込む
・勢いよく引っ張る

この作業を何度か繰り返すことで、つまりが解消します。

ただし、固形物を流してしまった場合にはこの対処法はNGです。
そうすることで、固形物が奥に入り込んでしまい対処が難しくなる場合があります。

・ワイヤーブラシでの清掃

ワイヤーブラシでつまりが解消できる場合があります。
ワイヤーブラシとは、先端にブラシがついており、ワイヤーで奥の方まで清掃できるようになっているブラシのことです。

このブラシで、ぬめりの部分を擦り洗いすることで、つまりが解消する場合があります。

これでも解決しない場合には水道業者への依頼がおすすめです

上記の対応をしても水漏れが解決しない場合があります。
その理由として考えられるのは以下の理由です。

・つまりが固まっており、洗浄剤やブラシで落としきれない
・固形物が奥まで入り込んでおり、取り出さなければいけない

この場合には個人で対応すると、事態がより悪化することもあるため、水道業者に依頼した方が良いでしょう。

洗面台の洗面ボウルに水が溜まった場合、個人でも対応できる

今回は洗面台の洗面ボウルに水が溜まってしまった場合に考えられる原因と対処方法について解説しました。

これで洗面ボウルに水が溜まって流れなくなった場合に何をするべきなのか、大まかにイメージできたのではないでしょうか。
この記事を参考に原因を追求し、つまりの解消を試みてください。

もし解決しない場合には水道業者に依頼することも選択肢ですよ。

修理完了

ご相談・お申込み

電話番号:0120-922-311

メールフォームURL:https://tochigisuido.com/mailform

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料

【対応地域一覧】
栃木県

対応地域
宇都宮市/足利市/栃木市/佐野市/鹿沼市/日光市/小山市/真岡市/大田原市/矢板市/那須塩原市/さくら市/那須烏山市/下野市/上三川町/益子町/茂木町/市貝町/芳賀町/壬生町/野木町/塩谷町/高根沢町/那須町/那珂川町

-洗面/風呂/洗濯, 配管/排水管

Copyright© 栃木県水道修理サービス , 2020 All Rights Reserved.